悪化させない為には早急に相談|自律神経失調症とは

脳の病気の治療

カウンセリング

脳の病気には、脳梗塞や脳腫瘍、脳動静脈奇形などがあり、脳神経外科で治療を受けることができます。脳動静脈奇形は脳の血管の先天性の病気であり、本来は結合することがない動脈と静脈が生まれつき結合しているため、くも膜下出血や脳内出血の原因になります。脳動静脈奇形は薬物療法では治療することができず、開頭手術やガンマナイフ、カテーテルによる塞栓術などによって治療が行われます。開頭手術は頭蓋骨を切開し、動脈と静脈が結合している部分を切除する方法で行なわれ、ガンマナイフは患部に放射線を照射し、動静脈奇形を閉塞させます。カテーテルによる塞栓術は股の付け根の部分からカテーテルを通し、血管を閉塞する薬を脳に注入することにより、脳動静脈奇形を塞栓します。

脳動静脈奇形を治療することの目的は、くも膜下出血や脳内出血の発症を防ぐことにあります。脳動静脈奇形は出血を起こさなければ命に関わることはありませんが、脳内で出血をすると命に関わり、一命を取りとめた場合でも手足の運動障害や言語障害などの後遺症が残るケースが多いです。脳動静脈奇形は生まれつきの症状ですので、そのまま放置しておいても自然治癒することはなく、動静脈奇形を閉塞させない限り、くも膜下出血や脳内出血のリスクは消えません。脳動静脈奇形は脳神経外科でなければ治療することはできず、脳神経外科で治療を受けることによって、完治させることが可能です。脳神経外科での脳動静脈奇形の治療法は、以前は開頭手術が主流でしたが、最近ではガンマナイフやカテーテルによる塞栓術が積極的に行なわれており、患者様の肉体的負担は大きく軽減されています。